フライガイザー限定一般公開! Fly Geyser opened to the public

36314

Fly Geyser (フライガイザー )

2024年4月から10月までのスケジュールが公開されています。
2024年のスケジュール

まるでファンタジー映画の舞台のような奇怪で幻想的な “フライガイザー” と呼ばれる噴泉塔。色彩鮮やかな岩の塔の先端から高温の鉱水が絶え間なく噴き続け蒸気が空高く舞い上がる様子はあまりにも神秘的で稀有な絶景です。

フライガイザーはバーニングマン・プロジェクト組織の私有地内にあるため非公開で見ることができませんが、所有者のバーニングマン組織が季節限定で一般公開しています。

こんな珍奇な自然美をようやく見ることが出来るまたとない機会です!

開催情報

イベント名 Fly Ranch Nature Walks 2024
開催期間 2024年は、土曜日朝開催(11:00am-2:00pm PDT, 6-9月は、10:00am-1:00pm PDT)主催者ウェブサイトをご覧ください
参加方法 ガイド付きウオーキングツアーのみ。
所要時間 3時間
ツアー内での車での移動があり。フライガイザーを含めた2か所で説明があります。
集合場所 Black Rock Welcome Center (ビジターセンター) 320 Main St., Gerlach
参加費 1名最少$50+$3.50(手数料) (寄付名目につき$50以上であればいくらでも歓迎されます)
同伴の12才以下の児童無料。
参加定員 1ツアーにつき人数制限あり
注意事項 説明および、フライランチ・サバイバルガイドをご参照ください。
体験記事

フライガイザー(Fly Geyser)・ツアー体験記
フライガイザー到着時のプラットフォームでの撮影を含めたフリータイムがあります。
他は説明のある止まった箇所だけ写真撮影できます。
突然見つけた動物などを撮りたいときは、ガイドに訪ねてください。
それまでは、カメラはポケット・バックパックに入れてください。

フライガイザーに行ってきた【備忘録】[ネバダ州リノに住む駐在妻のブログ]
https://www.yelp.com/biz/fly-geyser-at-fly-ranch-gerlach

【フライガイザー概要と地勢】

フライガイザー一帯はかつてワード温泉として知られていた場所で温泉の観測最高水温は141℃。温泉はグレートベイスンと呼ばれる大盆地の地殻が薄くなり地下からの圧力と地熱が地表に押し上げられ放たれたことにより出来たものとのことです。

Geyserとは日本語では「間欠泉」で、間欠泉をなんと複数の噴出口から噴き出し続ける大変珍しいこの噴泉塔は石灰華とも呼ばれる炭酸カルシウムの堆積により形成されたもの。塔の摩訶不思議な色彩は例として赤色は鉄、黄色は硫黄、緑色は藻類、のように異なる鉱物質等により彩られたものです。塔の高さは地上から約3m、塔自体は高さ約1.5mと、映像のイメージとは違って小さいです。実際行ってみるとボリューム感があるので、大きく見えます。
なお、間欠泉と呼ばれていますが、常時噴出しています。

【位置】

ネバダ州ワショ―郡北部。リノから北北東方面約180km弱の位置にあるブラックロック砂漠の南西外れ、バーニングマン会場より北にあります。州道34号線から約480m。標高1,233m。
私有地で、ゲート・柵で封鎖してあり立ち入るには許可が必要です。ツアーへの参加で入れます。

【歴史】

1916年に井戸採掘のドリル中にたまたま間欠泉に掘り当たる。
1964年に地熱エネルギー調査のドリル中に再度当たり地下の高温の鉱水が地表に噴出し放出され、その後放置されたミネラルが堆積し始め噴泉塔を形成し始める。
2016年にバーニングマン・プロジェクト組織がフライガイザー一帯の3,800エイカーの土地を6.5百万ドル(為替1ドル105円として6億3千万円)で購入。